ヘッダーをスキップ

-島歩き- 島へんろ八十八カ所

西の瀧から佛谷山へミニ遍路

日曜日の午後、今年最後の紅葉を見に42番札所西の瀧へ行き、ついでに佛谷山へ歩きましたのでレポートします。

olive101206a.jpg

西の瀧駐車場から見た池田方面の風景

olive101206b.jpg

駐車場から山門へ続く石段が印象に残ります。

101205-09.jpg

山門の紅葉が見頃でした。

olive101206c.jpg

鐘楼下から見た風景、中央奥の護摩堂からの長めは絶景です。

ここは江戸時代は小豆島全体から参拝者が来ていたという由緒のある寺です。

本堂奥の洞窟には弘法大師が龍を封じ込めたという甕もおさめられています。

olive101206d.jpg

本堂前を西へ進み舗装路が大きくカーブしている場所に佛谷山への遍路道があります。

olive101206e.jpg

落ち葉のつもった山道を歩くと江戸末期に整備されたミニ西国三十三観音の一部が点在しています。

olive101206f.jpg

岩尾根に沿った道の上方に赤い丸がついた岩があったので数メートルだけ登ってみました。

olive101206g.jpg

少し登った場所からの風景です。ここから尾根沿いに登ると大麻山山頂にいけるらしいので機会を見て登ってみたいと思っています。

olive101206h.jpg

遍路道に戻ると一人で歩いているお遍路さんとすれ違いました。

olive101206i.jpg

41番札所佛谷山本堂は洞窟の中にあります。 

  101205-10.jpg

 境内に2本ある大銀杏の1本が見頃でした。

olive101206j.jpg

佛谷山境内からの眺めです。

西の瀧から佛谷山まで10分ちょっとで歩けます。

途中は道が荒れ気味の所もありますが高低差も少ないので山中の遍路道を体験できるよい道だと思います。車だとかなり遠回りになりますので天気がよければ歩いてみてはどうでしょうか。

なおもっと本格的に歩きたい人向けには40番札所保安寺から険しい山道を佛谷山へ登り、西の瀧から35番林庵に下り、農免道路経由で保安寺に戻るコースがおすすめです。約3時間で歩けると思います。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.olive.or.jp/mt4/mt-tb.cgi/1581

コメントする

アーカイブ