ヘッダーをスキップ

-島歩き- 島へんろ八十八カ所

今の時期だけの夕日

11月25日に小豆島町の大麻山中腹にある島四国42番霊場西の瀧で夕景を見ました。
ここは夕日がきれいなスポットですが、お寺の参拝時間は午後5時までで、その後林道からの入り口も閉鎖されるために日没時間が午後5時前の今の時期しか境内からの日の入りは見られません。
私が訪れたときもエンジェルロードの向こうに沈む夕日を眺めるカップルがいました。
では余計なコメント無しで写真を見てください。

121125-28.jpg

121125-27.jpg


121125-29.jpg

121125-25.jpg

121125-26.jpg

ついでに近くの41番霊場佛谷山で11月18日に見た夕日も紹介します。


121125-31.jpg


子供連れの遍路

小豆島八十八ヶ所は数日で巡拝できるので子供(孫?)といっしょにまわっている姿も時々見かけます。

先日も第2番霊場碁石山で見かけましたので撮らさせていただきました。

120914-20.jpg

碁石山、浪切不動

 

120914-21.jpg

 

120914-22.jpg

本堂の岩壁に硬貨を

 

120914-23.jpg

本堂で

 

120914-24.jpg

第3番奥の院・隼山へ

 

120914-25.jpg

第3番奥の院・隼山で

 

小豆島の霊場は山や海辺など変化に富んでいるので子供連れでも楽しめると思います。

霊場の桜を訪ねて

約20年ほど前に故・片本先生たちが中心になって各霊場に88種類の桜を植えました。その後、枯れたりして現在残っているのは40数種類のようです。今年になって「小豆島霊場88桜の会」の人たちが看板を設置しましたので何か所か見て回りました。時期の関係もありきれいな写真は撮れませんでしたが紹介します。

春には各霊場をめぐりながらさまざまな桜も見てください。

120417-14.jpg

8番常光寺・普賢象、4月20日撮影

 

120422-11-10.jpg

10番西照庵・大島桜、4月7日撮影

120422-12-26.jpg

26番阿弥陀寺・紅枝垂桜、4月7日撮影


120422-12-31.jpg
31番誓願寺・千秋、4月21日撮影


120422-12-32.jpg
32番愛染寺・花染、4月21日撮影


120422-12-37.jpg
37番明王寺・吉祥桜、4月22日撮影


120422-12-38.jpg
38番光明寺・修善寺寒桜、4月8日撮影


120422-12-41.jpg
41番佛谷山・八重曙、4月23日撮影


120422-12-49.jpg
49番東林庵・永源寺、4月22日撮影


120422-12-50.jpg
50番遊苦庵・鵯桜(ヒヨドリ桜)、4月22日撮影


120422-12-52.jpg
52番旧八幡宮・梅護寺数珠掛桜(ジュズカケ桜)、4月22日撮影

120422-12-53.jpg

53番本覚寺・牡丹桜(ボタン桜)、4月22日撮影

120422-12-62.jpg

62番大乗殿・麒麟(キリン)、4月21日撮影

120422-08.jpg

59番甘露庵・鬱金桜、4月21日撮影

120421-15.jpg
66番等空庵・奈良八重桜、4月21日撮影

120421-16.jpg

67番瑞雲堂・妹背、4月21日撮影

120421-17.jpg

68番松林寺・御衣黄、4月21日撮影

120422-12-75.jpg

75番大聖寺・御所御車返し、4月22日撮影

桜遍路

春は暖かくなり歩きやすくなるのと農作業が忙しくなる前ということで昔からお遍路さんが多い季節でした。この週末は桜の下を歩くお遍路さんを探して撮ってみましたので紹介します。

120406-20.jpg

3番札所観音寺

120406-21.jpg

8番札所常光寺

120406-23.jpg

この位置からは桜の老木が目立たないのが残念ですが27番札所桜ノ庵

120406-28.jpg

36番札所釈迦堂

120406-27.jpg

40番札所保安寺

120406-29.jpg

43番札所浄土寺

120406-31.jpg

51番札所宝生院

120406-32.jpg

54番札所観音堂

120406-30.jpg

55番札所松風庵

  120406-33.jpg

56番札所行者堂

120406-34.jpg

59番札所甘露庵

120406-35.jpg

62番札所大乗殿

120406-24.jpg

20年以上前に八十八ヶ所霊場に88種類の桜が植えられました。

枯れたりした木もありますが残った木の前には看板が設置されてますので、

各札所の境内を探してみてください。写真は26番阿弥陀寺の紅枝垂れ桜です。

 

紹介した札所以外にも桜のきれいなところが多くありますので花見遍路をしてみてもよいでしょう。

 

 

42番西の瀧の眺望

雨上がりの霞が少ない朝に42番西の瀧へ行ってきました。

120304-28.jpg

山門の前からの眺めです。

120304-27.jpg

この写真には本堂は写っていませんが正面上の護摩堂からの風景がすばらしいです。

120304-30.jpg

護摩堂から見た境内と三都半島

120304-29.jpg

土庄町方面です。エンジェルロードも見えます。

120304-31.jpg

パノラマ撮影してみました。

掲載写真はすべてクリックすると大きく表示できます。

 

41番佛谷山の夕日

冬季は41番佛谷山や42番西の瀧からすばらしい夕景が見られます。

もっとも西の瀧の方は林道からの登山道入り口が閉鎖されるので佛谷山の方へ行ってきました。

120304-25.jpg

もう説明不要ですね。

120304-26.jpg

なお夕日を見られるのは参拝時間を過ぎていますので、くれぐれもお寺に迷惑をかけないように行動してください。

110122-01.jpg

1月21日、春の遍路シーズンの始まりを告げる「島開き法要」がおこなわれました。

写真は法要に先立って土庄港から総本院へ向かって お遍路さんや島の住職たちなどが「練り供養」で歩いている様子です。

110122-02.jpg

行列の中心はこの「お迎え大師像」です。

日曜日の午後、今年最後の紅葉を見に42番札所西の瀧へ行き、ついでに佛谷山へ歩きましたのでレポートします。

olive101206a.jpg

西の瀧駐車場から見た池田方面の風景

olive101206b.jpg

駐車場から山門へ続く石段が印象に残ります。

101205-09.jpg

山門の紅葉が見頃でした。

olive101206c.jpg

鐘楼下から見た風景、中央奥の護摩堂からの長めは絶景です。

ここは江戸時代は小豆島全体から参拝者が来ていたという由緒のある寺です。

本堂奥の洞窟には弘法大師が龍を封じ込めたという甕もおさめられています。

olive101206d.jpg

本堂前を西へ進み舗装路が大きくカーブしている場所に佛谷山への遍路道があります。

olive101206e.jpg

落ち葉のつもった山道を歩くと江戸末期に整備されたミニ西国三十三観音の一部が点在しています。

olive101206f.jpg

岩尾根に沿った道の上方に赤い丸がついた岩があったので数メートルだけ登ってみました。

olive101206g.jpg

少し登った場所からの風景です。ここから尾根沿いに登ると大麻山山頂にいけるらしいので機会を見て登ってみたいと思っています。

olive101206h.jpg

遍路道に戻ると一人で歩いているお遍路さんとすれ違いました。

olive101206i.jpg

41番札所佛谷山本堂は洞窟の中にあります。 

  101205-10.jpg

 境内に2本ある大銀杏の1本が見頃でした。

olive101206j.jpg

佛谷山境内からの眺めです。

西の瀧から佛谷山まで10分ちょっとで歩けます。

途中は道が荒れ気味の所もありますが高低差も少ないので山中の遍路道を体験できるよい道だと思います。車だとかなり遠回りになりますので天気がよければ歩いてみてはどうでしょうか。

なおもっと本格的に歩きたい人向けには40番札所保安寺から険しい山道を佛谷山へ登り、西の瀧から35番林庵に下り、農免道路経由で保安寺に戻るコースがおすすめです。約3時間で歩けると思います。

 

夏至観音

島四国1番札所洞雲山では6月から7月初めにかけて夏至観音が見られるというので先日行ってきました。

oliv00614b.jpg

お寺には3時ちょうどに着きました。そのときの写真です。

100613-09.jpg

お遍路さんが見守る中、中央の日光が当たっている場所が上に伸びていきます。

100613-08.jpg

3時5分に観音像の形になりました(右端)。でも1分後にはもう形が崩れました。

この現象は二十数年前にお遍路さんが偶然発見したそうです。

 

olive100417a.jpg

昨日の朝、八十八ヶ所を歩いてまわるお遍路さんの団体を見かけました。
聞くと小豆島霊場会の主催で4月16日から22日まで一週間かけて歩く「大師を偲ぶ遍路行」ということでした。
毎年同じ日程でおこなわれて誰でも参加できるということでした。
歩くといろいろな風景や体験が出来ますので興味がある方は小豆島霊場会(tel 0879-62-0227)に問い合わせてください。

また一週間は休めないという方には1日だけのコースもあります。
下にパンフの写真を載せましたが毎年5月と9月に8コースに分けて開催されています。
こちらも小豆島霊場会(tel 0879-62-0227)に問い合わせてください。
olive100417c.jpg
クリックすると大きく表示されます。

olive100417b.jpg

最近のコメント

  • 3番奥の院 隼山(はやぶさやま) by たもぞう
  • 86番 当浜庵(あてはまあん)~87番 海庭庵(かいていあん)~88番 楠霊庵(なんれいあん) by ビスコ
  • 86番 当浜庵(あてはまあん)~87番 海庭庵(かいていあん)~88番 楠霊庵(なんれいあん) by 満願成就
  • 86番 当浜庵(あてはまあん)~87番 海庭庵(かいていあん)~88番 楠霊庵(なんれいあん) by kmorita
  • 28番 薬師堂(やくしどう)~29番 風穴庵(かざあなあん) by やまちゃん
  • 8番 常光寺~7番 向庵~9番 庚申堂~11番 観音堂 by たくろう大好き
  • 5番 堀越庵~6番 田の浦庵~10番西照庵 by マツ
  • 5番 堀越庵~6番 田の浦庵~10番西照庵 by たくろう大好き
  • 3番奥の院 隼山(はやぶさやま) by 七海
  • 3番奥の院 隼山(はやぶさやま) by たくろう大好き

アーカイブ