ヘッダーをスキップ




港・船体験ルポ


釣りの港

2006年11月01日

小豆島の各港では、
釣りをしている方々をよくみかけます。

そんな中でも、
いちばん釣り人が多いのが
sakatekou.jpg
コチラです。

いつ行っても港周辺は
turisakate.jpg
こんな感じです。
キラキラきれいですね。

続きを読む "釣りの港" »

what's your name?

2006年10月17日

何度か紹介した高松港-池田港を結ぶ海がめの親子

きちんと名前がありました。
DSC06593.JPG

ということは、キリン号にもきっと名前が・・・
DSC06658.JPG
イエローパピー?
次回チェックです。

整形美亀?

2006年10月10日

池田港と高松港を結ぶ国際フェリー
キリン号と海がめ号があるのは、以前ご紹介したとおり

今回は海がめ号に乗船。
シンボルの大きな親亀はいつものように
oyagame.JPG
血色の良い笑顔で僕達を見下ろしています。

で、この親亀のおしりのあたりに、小亀も居るんですが、
この小亀がかわいくないんです。
kogame.jpg
いや、亀を見た目で判断してはいけませんが、
このやる気のない目・・・

ま、それでもどこか愛嬌があるなと思ってまして、
久しぶりにその顔を拝みに行くと・・・・

続きを読む "整形美亀?" »

リピーター施策?

2006年09月26日

草壁港と高松港を約40分で結ぶ高速艇
sunoline092626.JPG
「サンオリーブシー」
sunolive0926.JPG
双頭船、カックイィーです。

この「サンオリーブシー」便数も多くて便利なんですが、
結構、揺れるんです。
初めて乗った人はちょっと驚くくらい。
「この揺れ、普通?」と、ドキドキしますが、
常連さんと思われる皆さんが気にしていない様子を見て、
平静を装います。

続きを読む "リピーター施策?" »

だんじり

2006年09月12日

池田港は小豆島の秋祭りのシンボル「だんじり」をモチーフにした外観。
ikedakou09.JPG
向かいのお土産物屋さんも同様で、フェリーから見ると、
dannjiri2ki.JPG
2台のだんじりが競っているようで、なかなかの眺め。

続きを読む "だんじり" »

社長室?

2006年09月11日

高松港と土庄港を結ぶ高速船「特急スーパーマリン2」
tonosyo.JPG
高松からだと、この船は最速(片道約30分)です。
便数も多いし、時間がないときは便利♪

この船のオススメは、2Fのテラス。
2f.JPG
フェリーでゆったり見る瀬戸内海の多島美もサイコーだけど、
高速で島と島の間を抜けていく風景もまた爽快!
1F客室の中央にある階段からあがれるんだけど、
あまり人がいないから快適♪
運がよければ貸切状態。

このテラスの向かいには「社長室」が。
syatyositu.JPG
「船長室」「操縦室」ではなくて、「社長室」・・・
違和感あるのは私だけ?

恋愛の港

2006年09月08日

草壁港。
高松からのフェリーと高速艇が交互に発着して便利です。
kusakabe.JPG
どうも。来ました。

で、この草壁港、レストランもお土産物屋さんも充実してるんですが、
最近、「恋に効く」とか、「チューしたくなる」とか、
koi.JPG
なぜか、こういうお土産ものにチカラを入れているようで・・・・
H.JPG
Hがした・・・おっと、大胆ですね。

続きを読む "恋愛の港" »

人生は海がめのように

2006年09月05日

高松港と池田港を結ぶ国際フェリー。
ここには
海亀号
kame.jpg

と、

キリン号
imgkirinn.jpg

がおりまして、子供達はどうしてもテンションが上がるのです。

で、海亀号のデッキには、
「人生は海亀のように」という、
大変ありがたいお言葉が無造作に掲げかれています。
umigame.jpg
一つ、平和を好み、争いごとには手も足も頭も出しません。
一つ、助けてもらったら、お礼を忘れません。
などなど、なるほどな~と唸るお言葉が計10訓。

ぜひとも海亀号に乗って、残り8つをご確認ください。

港・船体験ルポ

2006年09月01日

小豆島へはいくつかの船、航路、港を使って行くことができます。
これ、ただの移動手段と考えるともったいない。
それぞれに特徴があり、発見があり、感動があるのです。

皆さんが小豆島へ行く際に、
船旅がちょっとだけ楽しくなるような情報を、
筆者の完全な私見でお伝えします。

「小豆島の旅」のお役に立てれば幸せです。