ヘッダーをスキップ




小豆島写真館


HOME >> 小豆島写真館

きらめく波間に、大小さまざまな島が点在する瀬戸内海。そこに浮かぶ小豆島。
青い空・白い雲・豊かな緑・紺碧の海、そこを吹き抜ける風。
そんな小豆島に住む人たちは、どんな暮らしをしているのだろう。
「小豆島写真館」は、フォトグラファーAlowanが、小豆島を散策しながら、
ゆったりと流れる島時間を切り取ってご紹介する写真ギャラリーです。


小豆島写真館ギャラリー | Alowanプロフィール | 小豆島撮影記

小豆島写真館ギャラリーを見る

写真館を見る!


Flash Playerのダウンロードページへ 当コンテンツをご覧になるには最新のFLASH PLAYERが必要です。
お持ちでない方はダウンロードしてからお楽しみください。

Alowanプロフィール

東京都出身
立教大文学部卒業後、テレビ番組制作会社でドキュメンタリー番組などの企画制作時代を経て、結婚出産後は香川県に移住。
植物をメインにマクロのファイン・アート・フォトを撮り続ける。
‘alowan’とは、ネイティヴアメリカン・ラコタの人々の言葉で‘歌う’という意味。
インディアン・フルート奏者でもあり、神話的世界を物語と音で綴った作品をライブで発表。
カメラとインディアン・フルートを相棒に創作活動中。
現在は讃岐の土地のサウンドスケープと写真の融合を目指して研鑽の毎日。

HP: http://alowan.net/

小豆島撮影記

小豆島スローフード篇

写真館ギャラリー3本目のタイトル、スローフード篇がアップになった。 今回の撮影は間をあけて2日間。 素麺と佃煮と醤油という島の三大スローフードがテーマだ。 ただ 作業工程を撮ったのではありきたりになってしまう。 私なりのどんな切り口が見つかるかと、最初は正直いって不安もあった。 そのうえ 撮らせていただくみなさんは撮影のタイミングやらを計りながら仕込みをしなくてはならないし、そのための時間も空けなくてはならない。 テーマを明確にしたうえで、効率よく撮らなければならない。 とにかく、この写真館を任せて…本文を読む (2007/03/07)

▲ページのトップに戻る