-小豆島写真館- 小豆島撮影記

プロローグ

| コメント(0) | トラックバック(0)

今回このお仕事のご縁をいただき、ファインダー越しにこの島を巡ったとき、何度も通ったはずのこの島の新たな素顔が、まるで封印されていた蜃気楼のように浮かび上がってくるのを感じて大変驚き、そして興奮しました。

祈りと舞いと、そして文学と教育の、今の日本人にとっての原風景の数々が息をひそめて唐突に、しかしとても当たり前にそこにありました。

今回は夏編で、これから1年の四季を通じての、私自身と小豆島の出会い直しの旅が続いてゆきます。これまであまり知られることのなかった小豆島の素顔を、私なりに掘り起こしながらご紹介できたらとても幸いですし、皆様とご一緒にこのギャラリーを楽しみ、そして驚きながら創ってゆけたらと願っています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.olive.or.jp/mt4/mt-tb.cgi/662

コメントする