ヘッダーをスキップ




島歩きMAP


HOME >> 島歩きMAP

小豆島を冒険しよう。

何を求めて小豆島に行くか。
のどかな自然、人とのふれあい、ゆったり流れる島時間。
ここには、他のどこにもない、宝がある。
そんな宝物を探して、さぁ、島を歩いてみよう。


旅人プロフィール | 自然を感じる! | 醤油蔵の街並を歩く | 島へんろ八十八ヶ所 | 小豆島町の宿泊ご案内

島を歩く旅人・プロフィール

野遊び屋でアウトドアガイドを勤める4人が、小豆島の自然を遊び心たっぷりに紹介していきます。

ごう

ごう
小豆島が好きで小豆島の海・山に通うことウン十回。

ショージ

ショージ
唯一の香川県人。香川県のアウトドア遊びは任せろ!

マツ

マツ
一番若いけれど四国八十八ヶ所を歩き遍路しました。

カミゾノ

カミゾノ
瀬戸内海の島々を巡るのがライフワーク。

自然を感じる!

温室の中で白い花が満開

小豆島町池田特産のスモモ温室を訪れると白い花が満開でした。 5月中旬には収穫がはじまり阪神方面に出荷されるでしょう。 本文を読む (2010/02/21)

醤油蔵の街並を歩く

醤油蔵の街並を歩く 「醤(ひしお)」とは、塩を加えて発酵させた塩蔵品の総称のことで、昔ながらの醤油蔵が立ち並び、佃煮工場が軒を連ねるこの場所を、私たちは「醤(ひしお)の郷」と呼んでいます。
ここでは、今も昔と変わらない、自然の力を借りながら手間を惜しまぬ醤油づくりが行われています。香ばしい醤油の香りにつつまれて、タイムスリップしてみませんか?
醤油蔵の街並を歩く

「醤の郷」散策レポート

草壁港レンタサイクル

小豆島へ着いた!さて、交通手段は何にしよう?観光バスで、観光名所をグルッと一周も良いし、 自分のペースで観光したい人は、レンタカーも良いでしょう。バイクで、潮風を感じつつの、 行き当たりバッタリ旅ってもの魅力的です。 ただ、全てに付きまとうのは動力の【エンジン音】です。 そこで、今回は自らの足をエンジン替わりに、レンタサイクルでの旅を紹介します!本文を読む (2007/04/06)

島へんろ八十八ヶ所

86番 当浜庵(あてはまあん)~87番 海庭庵(かいていあん)~88番 楠霊庵(なんれいあん)

天気も良く、88番 楠霊庵(なんれいあん)まで後三つ。いよいよ最終日である。本文を読む (2007/05/31)

小豆島町の宿泊ご案内

小豆島町の宿泊場所についてご案内します。

▲ページのトップに戻る