ヘッダーをスキップ

-醤油蔵を訪ねて- 醤の郷散策レポート

馬木散策路を行く

umaki01.JPG

醤の郷【ひしおのさと】というのが、小豆島にはあります。
島の南東部、草壁から坂手あたりを指し、明治・大正、古いものでは江戸時代に造られた、
醤油工場やもろみ蔵が立ち並ぶ地域です。一歩足を踏み入れると、もろみの香りが漂い、
煙突から立ち上る蒸気が、今もなお、現役で活躍していることを教えてくれます。

そんな、香る醤の郷をゆっくりと散策してきました。

umaki02.JPG

まず手に取ったのは、【醤の郷散策MAP】というパンフレットです。
醤油蔵や佃煮屋さん、フェリーの着く各港にも置いてあるこのパンフレットは、
醤の郷内の23カ所の醤油蔵や佃煮工場・物産店の所在地、各施設のおすすめポイントなどを、
可愛いイラストで紹介してくれている。その中で、僕が訪れたのは【馬木散策路】です。

umaki03.JPG

MAPを頼りに、幹線道路から少し内へ入った散策路へ向うにつれ、漂う香りが強くなる。
その入口にあるのがヤマサン醤油で、目印は小川に沿って続く古めかしい板塀です。

ここは、馬木散策路案内所を併設していて、ヤマサン醤油の女将さん、時には社長さんが、
蔵の中を案内してくれたり、散策路について、親切に色々教えてくれる。

umaki04.JPG

もともと、こうじ室として使われていた部屋を、そのまま使っている案内所内では、
丹念に仕込まれた醤油の隣りに、駄菓子が沢山並んでいたり、夜には、おでんやギョウザなど、
女将さん手作りの料理を振舞ってくれる居酒屋に、変身するそうだ。

「毎晩地元の人で賑わってますよ!若者が島の未来を語らう場所になればと、やっています。」
と語るのは社長さん。

アットホームで優しい雰囲気の案内所は、ついつい長居してしいます。いざ、馬木散策路へ!

umaki05.JPG

沿道のあちこちに掛けてある【醤の郷】の看板が、僕を迷わないようにエスコートしてくれる。
この材料は、もろみや醤油を入れた大桶の古くなったものの、廃材で出来ているそうです。

umaki06.JPG

そして、その一つ一つに蔵元の名前と、解説が記してある。僕が気になったのは、
それぞれの商標で、語呂合わせの効いた商標に何度も「あ~あ~」と頷いた。

umaki07.JPG

そして、散策路の一番奥にあるのが、【正金醤油もろみ蔵】です。
強い香りに惹かれて中を覗くと、もろみの入った大桶が幾つも並んでいて壮観です。

umaki08.JPG

「今は、もろみ蔵しか残っていないが、昔はもっともっと広かったんだよ」と教えてくれたのは、
たまたま挨拶をした地元の男性。明治から昭和の初期にかけては島内で400軒もの
醤油醸造所が有ったというから、すごい景色だったのだろう。

すぐ近くの今坂池の土手を上ると、そんな馬木地区を一望に見渡せます。

umaki09.JPG

風情ある街並みを、醤【ひしお】の香りに誘われて歩く馬木散策路、30分ほどで一周できます。
ゆっくりと、醤油蔵を見学したり、温かい地元の人との交流を楽しんでみてはいかがですか?

【松浦 雅峰】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.olive.or.jp/mt4/mt-tb.cgi/1100

コメント(2)

馬木散策路を歩かれたんですね!
ここは、のどかな島の風景と醤油蔵に触れることができます。

また新しい醤の郷散策マップができましたよ!

>たくろう大好きさん
スロウに流れる時間に、香る醤がマッチして、絶妙な雰囲気を楽しめました!
僕の大好きな小豆島スポットの一つです。ゆっくり歩いていただきたいですね。

コメントする

最近のコメント

アーカイブ