ヘッダーをスキップ

坂手港の最近のブログ記事


130728-24.jpg
ジャンボフェリーには今まで小豆島・坂手港から高松港の間には乗船できませんでしたが、新しい乗船ゲートが完成しましたので7月27日から人も車も乗れるようになりました。これで小豆島へのアクセスがより便利になったと思います。

130728-25.jpg
新しい搭乗ゲートを使ってジャンボフェリー2階車両デッキから下船する車両


なお航路新設を記念して同社では27日から8月9日まで高松~坂手間無料キャンペーン実施中です。
さらに8月10日から9月30日まで指定宿泊施設に泊まった場合に高松への帰りが無料になるキャンペーンも予定されています。

詳しくはこちらの無料キャンペーンサイトを見てください


3月20日からはじまる瀬戸内国際芸術祭に向けて各社から新航路や臨時便が発表されています。
主な航路を紹介します。

期間中の船便に関しては瀬戸内国際芸術祭公式ページの「会期中の航路とダイヤ」のページを見てください。

ジャンボフェリー乗り継ぎ便
神戸~坂手港~池田港~土庄東港~直島・本村港

130302-08.jpg
完全予約制です。画像をクリックすると大きく表示されます。

土庄港~直島・宮浦港および土庄港~犬島航路
130302-09.jpg
画像をクリックすると大きく表示されます。

土庄港~豊島・唐櫃港~豊島・家浦港~宇野港 航路
チラシは手に入りませんでしたが、4月よりフェリー1隻が旅客船になりますので時刻表が変更になります。また瀬戸内国際芸術祭の期間中は臨時便もあります。現在はまだ情報未掲載ですが運行会社の小豆島フェリーのサイトはこちらです。

130211-07.jpg
関西方面からの玄関口である坂手港はビートたけしさんとヤノベケンジさんのコラボ作品などさまざまな作品が展示予定です。(写真は坂手港待合室の外壁に周辺展示作品のイメージ画を描いているようすです)



坂手港周辺の施設

oliv00504a.jpg

坂手港は今は(株)フェリーさんふらわあが季節便を運行しているだけですが、以前は阪神方面からの玄関港としてにぎわっていました。

このページでは港からすぐ歩いて行ける施設などを紹介します。

oliv00504b.jpg

 切符売り場と待合室の建物です。

oliv00504c.jpg 

待合室内部です。奥に切符売り場、左手に売店があります。

oliv00504d.jpg 

 手前茶色建物はトイレ、奥の青いのが「さんふらわあ用乗降ブリッジ」。

その向こうが安く宿泊できてレンタル自転車もあるサイクリングターミナル・エリエス荘

oliv00504f.jpg 

上のトイレの北側には藤棚や島四国八十八カ所の標高をあらわしたモニュメントがあります。

oliv00504g.jpg

さらに道路を渡った北側には北村西望氏の平和の女神像がたってます。

oliv00504e.jpg

坂手港周辺は釣りの好ポイントのようで、いつも釣り人がいます。

oliv00504j.jpg

港から山手へ歩くと島四国八十八カ所霊場 3番札所観音寺があります。

近くには荒神さんもあります。

oliv00504m.jpg

坂手地区の墓地を上がったところに坂手で生まれた作家の壺井栄文学碑(写真左)があります。

文学碑の広場手前には生田春月の詩碑もあります。

oliv00504i.jpg

港から海岸沿いを西に歩くと新鮮な海産物が食べられる食堂「大阪屋」や百萬両釣具店が並びさらに歩くと伝説に彩られた稲荷神社があります。

oliv00504k.jpg

坂手地区は傾斜地で土地が狭いので写真のような路地が集落の中を続いています。

時間があればこのような道を歩くのも風情があると思います。

釣りの港

小豆島の各港では、
釣りをしている方々をよくみかけます。

そんな中でも、
いちばん釣り人が多いのが
sakatekou.jpg
コチラです。

いつ行っても港周辺は
turisakate.jpg
こんな感じです。
キラキラきれいですね。

サブメニュー

カテゴリ

最近のブログ記事

最近のコメント

アーカイブ