ヘッダーをスキップ

-島の食- 小豆島特産品開発プロジェクト

醤油プリン増殖の兆し?

 
お久しぶりです。ナイノアです。
前回のブログから・・・・ もう、5ヶ月! 早いものですねぇ。

1月から3月にかけて、
私たちしろうと応援部隊が異様なる盛り上がりを見せた中で、
プロのお菓子屋さんや、醤油屋さんが、あっという間にしょうゆプリンを商品化。
まさに、怒涛の日々でした。


「その後、PJTはどうなったのか」
 
 

しょうゆプリンを忘れているわけではなく、もちろんオリーブひろばでも
その後もプリンの話題は続いています。

とはいえ、PJT第一期はひとまずOKということで、
次なる活動の機会をうかがいつつ、

しょうゆプリンで強烈に結束したPJTメンバーは、プリン開発だけに飽き足らず、
まるで、止まると死んでしまう回遊魚のごとく、


「小豆島アウトドア倶楽部」を結成し・・・・

ある時はハイキングに興じ
s-kankakehiking0812.jpg s-kankamefuukei0812.jpg s-kankametop0812.jpg


またある時はワカメオフ会 (海でワカメを採ってその場でしゃぶしゃぶ)

s-wakame0812.jpg


オリーブの花見にホタルツアー

s-olivehana0812.jpg s-hotaru0812.jpg


オリーブマラソン応援!

s-marason0812.jpg


そして、BBQコンロを自らつくり → お披露目BBQ

s-BBQkonrosakusei.jpg s-BBQkonro0812.jpg


秋のお月見会でデビュー予定のピザ釜の製作も完了・・・・

s-pizagama0812.jpg


夏には素材を海で自ら調達する海鮮BBQ

s-kaisenBBQ0812-1.jpg s-kaisenBBQ0812-2.jpg
 
 
 「ちょっとぉ、プリンネタないんちゃうん!」 (まあまあ、そういわんと)
 
 
などなど、有言即実行の面々のパワーは恐るべし。
このメンバーなら何でもやっちゃいます。 何でもつくっちゃいます。

私は島人ではありませんが、
しょうゆプリンPJTのお陰でこんな素敵な出逢いをいただき
人生が豊かになったですよ。



そして、ここからが今日の本題です。

こうして我々が島あそびに興じている間、
どうも水面下で熱いしょうゆプリン開発が着々と進んでいたようです。


なんと、島のお土産物屋さんが日持ちするしょうゆプリンを開発し、発売が始まったそう。
PJTキャップが情報をつかみました。

syoyupurinhanbai0812.jpg


そして、常に、お菓子&食べ物系マーケティングに余念のないキャップはこんな情報にも遭遇。
「こちらもしょうゆプリンを発売するの!」

s-yasudasign.jpg
 
 
 
ここに来て第二期的な動きの兆しが見えてきました・・・・
 
 
 「これは一度集まって現状把握をしないと」
 
 
そして、プリンPJT東京支部のけりぃちゃんがお盆に島に帰省するので
話題の島カフェにみんなで集まろっか~ と
企画されていたオフ会が、

急遽、
「この際だから島の醤油系スィーツを全部食べるぞ会」となり、

キャップは島中をかけめぐり気になるスィーツを入手、
けりぃちゃんはずっと気になって仕方がなかったという
醤油ロールケーキ(by和楽紅屋)を東京でゲット。
高松メンバーもそんな話題に見事に食いつき、お盆の日曜に集結です。

私の到着時には、みんなかなりできあがっていました。
(あ、このタイミングではまだ誰も飲んでいません)

sisyoku10812.jpg

sisyoku20812.jpg

sisyokukasi0812.jpg
 
 
醤油系スィーツあれこれ (プラス、気になるオリーブ系スィーツも)

kashiitiran0812.jpg
 
 
醤油プリン4種に、醤油水羊羹、醤油羊羹、醤油団子、醤油ドーナツ、
醤油ロールケーキに醤油クッキー、 などなど。

片っ端から食べて、食べて、食べまくり・・・・・
しばらく甘いものはいらんね・・・・・
最初のしょうゆプリン試食会を思い出しました)

s-syoyumizuyokan0812.jpg s-syoyuyokan0812.jpg

s-olivecake0812.jpg s-rollcake0812.jpg

s-oliveroll0812.jpg s-syokucukki0812.jpg

※DEAN&DELUCAに「醤油クッキー」があること、しかもかなり美味しいこと、
 オドロキでした


そして、箸休めの佃煮パンが大好評! (さすが佃煮の島)

tukudanipan0812.jpg


こうしていろいろ食べてみて、
 
帰省組メンバー達からは、どんな島土産が喜ばれるかという話があり、
どんな味が受け入れられるのか、
形状・見せ方・売り方・金額など、
これからしょうゆプリンをどう育てていくのがいいのか、
などなど、貴重な意見がいっぱい出ました。

私は甘みで頭がぼーっとしたので意見あれこれを殆ど覚えていませんが、
たくろうリーダーがちゃんとメモされてましたので、
ご参考にされたい方は、商工会たくろうさんまで。
 
 
個人的には、
「島産の牛乳(→肥田牛乳)と島の醤油でつくった小豆島しょうゆプリン!」として
ミニ牛乳瓶に入っていて、
しょうゆソフトクリームのようにいくつかの観光スポットでいろんな方に食べていただける。
そして、高松のデパートなどでも買える。
そうなってほしいなぁ。
(その際は、責任もって周辺に勧めますし、優良顧客にもなります)


小豆島しょうゆプリン  
どんな形で育っていくのかまだまだ楽しみ。
 
 
 
そうそう、
このプリンブログ、われらPJTキャップにも執筆をお願いしましたので、
よりタイムリーな情報も紹介できるかも、です。
 
 
よろしくね、キャップ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.olive.or.jp/mt4/mt-tb.cgi/1126

コメント(3)

たくろう大好きです。
 醤油プリン試食会を先日開催し、いろいろな新しい商品も集まり、しばらく甘いものがいらないほど食べました。
 さて、今日平和堂さんが試食会どうでした?と商工会を訪ねてくれました。
 味は安定しているので、それはそれでいいけれど、もっとこれから上を目指して行きたいと彼とは話し合いました。この広場も見てくれてるみたいなので、醤油プリンの完成度をより高め、地元の人にも支持されて、小豆島観光に来られた人からは、森国カフェに立ち寄り、平和堂、マルキン醤油の醤油蔵通りの散策と目的来店性をもって島のスポットとして立ち寄っていただける、魅力ある商品、店づくりが今大切ではないかと話しました。
 クール便で直売体制もできつつあるので、容器やデザイン、またマーケッティングをきちんとして、醤油プリンを育て、また柱となる主力商品を確立すること。平和堂さんが島の中で光ることで、他の人も刺激され、連鎖でそれぞれが活性化していくことが理想です。期待するとともに力になれたらと思います。
 また谷元商会さんも2月の試食会以後、真剣に醤油プリンづくりに取り組まれ、飛躍的に改善されたお土産として日持ちのする醤油プリンを7月から販売されています。これも売れているようですし、他にもいろいろな商品を販売されており、今回も試食どうだったとちゃんと聴きに来てくれました。
 その他にもいろいろな商品づくりの動きがあるので、是非、レベルの高い開発につなげて、島の話題の商品として楽しくなるくらいの動きになってほしいと思っています。
 また皆さんと集まって語り会う機会を持ちたいと思いますので、多くの方が参加いただきたいと思います。
 

こんにちは。
みなさん、現状に満足することなく、もっと上を目指しておられるのですね。…感激です。
谷元さんの醤油プリンは残念ながら品切れ状態だそうで、まだお目にかかっていません。早く食べたいです!
森国さんのレアチーズケーキとロールケーキはいただきました。(ちゃんとした名前は覚えていません…すみません)。飲めない方が行かれても充分楽しめる雰囲気と味、空気でした。一緒に行かれたグループのお一人が「今度母ちゃん(奥様のこと)連れて来よ」。別の方も「わしが飲んで嫁はケーキ食べて…久しぶりにデートしよう」と、皆さん飲んでいらっしゃるせいもあってかお口がとてもなめらかでした。
でも、ホントにそういってみたくなる雰囲気なんですね。
私も10月の結婚記念日に旦那と行きたいな~

たくろう大好きです!
少し前日記に「山陽新聞の藤本記者が谷元商会さんのプリンを持って商工会に来た」ことを書きましたが、金曜日の地方経済欄に写真入りで紹介されていました。
 オリーブ探検隊のことを書いていてくれたら、もっとアピールできる記事だったのにと勝手に思いながら読んだいたのですが、でも「醤油プリン」本物になってきた証拠でしょうか!

コメントする

最近のコメント

アーカイブ