ヘッダーをスキップ

-島の食- 小豆島特産品開発プロジェクト

小豆島醤油プリン発売

 
たくろう大好きです。

事の展開の速さに我ながらびっくりしていますが、この場を借りてお知らせします。

小豆島醤油プリンが、平和堂さんとヤマロク醤油さんで発売されることになりました! 
それも明日! 

醤油プリンは、「オリーブ探検隊」とオリーブひろば(SNS)のメンバーの
「小豆島醤油プリン開発プロジェクト」を通じての自由な発想と行動の中から、
その形が生まれ、短期間にマスコミの情報にも取り上げていただくようになりました。

プリンPJTが「オリーブ探検隊」の目指す方向と合っていて、本当にうれしく思います。

今回の醤油プリンの販売にあたり、
私は醤油プリンはまだ試作品として販売をしながら、
お客様の声を聴き、味も食感も、これから成長していく商品だと考えています。
平和堂さんにもヤマロクさんにもそのような気持ちで販売を始めていただきたいと
お伝えしています。

両社の販売形態は、

  ●ヤマロクさんは土日祝祭日に醤油蔵を見学に訪れた方への限定販売
  ●平和堂さんは、苗羽の平和堂本店とマルナカ土庄店のテナント
 
醤油プリンは、今の少し元気のなくなっている小豆島で、

「新しいことに動き出せば何かできる」

このことを証明する起爆剤となり、
島の人々と、島の企業や商店を刺激する、小さいけれど大きな宝物かもしれません。

小豆島醤油プリンは2社が独占するものでもなく、
昨年12月4日のワーキングの後のスタッフとの食事の時の会話の中で発想が生まれ、
1月~2月のたった2ヶ月の短い期間で、
オリーブひろばのみなさんが取り組み、盛り上げてきたものです。

私はそこを一番大切にしていただきたいと思っています。

醤油プリンは誰でも商品化できます。売っていただいてよいものです。
   
そこには、何の制約もないけれど、大事な約束事があります。

それは

  「島を愛し、自分だけのためでなく、島のために共にオリーブ探検隊プロジェクトの
   メンバーとして働ける! そんな人に作っていただき、売っていただきたいのです」

それが、商工会のスタンスであり、私の願いであります。

そこをご理解いただき、島の中で醤油プリンから醤油シュークリーム、○○饅頭(?)………。
と展開するなら、すばらしいことだと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.olive.or.jp/mt4/mt-tb.cgi/1119

コメント(2)

 たくろう大好きさん、そしてオリーブ探検隊やオリーブひろばのみなさん、おめでとうございます!
 今のままじゃいけない、なんとかしたいって思っている人、他にもたくさんいると思います。これからも皆さんのアイデアや発想が、そんな人たちの一歩踏み出す号砲になっていくといいですね。
 期待しています!

平和堂さんの大ヒット商品!醤油饅頭=銘菓・島むらさ妃(?)は、まだ製造販売されているのでしょうか?
その昔、小豆島のお土産と言ったら「島むらさ妃」だったように思いますが・・・

コメントする

最近のコメント

アーカイブ