ヘッダーをスキップ

-島の食- 小豆島特産品開発プロジェクト

はなばなしく、発表会!

 
ナイノアです。

2月24日、それは、

kanban.jpg


熱い現場でした。


この日はプリン発表会と並行して、
島外のお客様20名と「醤の郷のスローフードを巡るツアー」が
行われており、朝から、

佃煮づくりの現場→ヨッシーさんのところで素麺づくり体験
ロクちゃんのところでもろみ蔵見学

とツアー参加の皆さんと楽しく「醤(ひしお)」&「素麺」三昧。

そのツアーの最終ポイントが、
この醤油プリン試作品発表会でした。

もちろん、島の皆さんもプリン発表会のために多数ご来場いただいており、
一行が会場のマルキン醤油記念館に着いた時には
熱気ムンムンです。

100人はいたな。


観衆の見守る中・・・

jyunbi-rokushio.jpg

ロクちゃんは試作プリンのフィニッシュ作業、
醤油で甘く煮た黒豆をトッピング中でした。
オリーブ探検隊親分格の塩田さんもそれを見守っています。


ほどなく3種のプリンの準備が整います。

purin-H.jpg purin-Y.jpg  purin-T.jpg

purin3syu.jpg


そして、各社が試作品づくりにあたって込めた想いや工夫をスピーチ。


平和堂さん

speach-H.jpg


ロクちゃん

speach-Y.jpg


谷元商会さんメッセージを読み上げるたくろうリーダー。

takurou.jpg



集まった皆さんも興味深そうに聞いている。

galary.jpg


カメラを持って真剣にメモを取っているのはきっと記者さん達でしょう。

kisya.jpg



そして、そして、
お待ちかねの試食スタート~ (わーい!)

sisyoku1.jpg

はーい、順番にねー。

2.24sisyoku2.jpg

どーぞどーぞ、持っていってくださーい。

3種類×100個、用意しましたからね~

sosyoku3.jpg

子供ちゃん達も美味しそうに食べてます。

 
 
会場でお手伝いをしていたken2さんと一緒に私も試食。


「ほぅ~。美味しぃ~。完成度高い!」

「へぇ~。コレはコレでコレですねぇ!」と、ken2さん。(それじゃわからんし!)
いわく、
「“小豆島醤油プリン”らしい味っていうのが、きっとこんな味だと思います」

確かに、
やさしい甘さで、
醤油の存在感がちゃんとあるけれどそれが強すぎず、
島らしい素朴な、温かい感じのプリン。 by ナイノア


それぞれに、1月末の試食会の時より、
味や食感が格段に進化しています。

このひと月、研究を重ねておられたんですね。(感慨。。。)


さて、会場内では、
オリーブ探検隊メンバーやプリンPJTメンバーが、
受付や会場準備のお手伝いをしていたり、
カメラメンをしていたり、

nakabu.jpg

kurushima.jpg

おっ! なみちゃんも発見。
「試食会をちゃんと見ておくように」と社長の命を受けたそう。(社長、エライ!)

namichan.jpg
 
 
そして、やはりいらっしゃいました。我らがキャップ。
醤油プリン開発PJT裏番筆頭キャップ・オリーブさん

手にしっかりと3種のプリンを持ち。

cap.jpg

撮影をしていました。

cup2.jpg


そして、試食をしながら、皆さんはアンケートを記入してくださっています。

ankekinyu.jpg


・・・・・・・・・・・
 
 
オリーブ探検隊会合の後、飲んだ勢いで
「小豆島醤油プリンいーぞー!」
と盛り上がってから、まだ3ヶ月も経っていない。

確かにあの夜、
「じゃあ2月のイベントに向けて試作品をつくりましょうよ」と言った。
でも2月のイベントに何をするかすら、決まっていなかった。
オリーブ探検隊は結成以来ずっと、
走りながら考えるのが常でしたもんね。

そして、
オリーブ探検隊にて
小豆島のスローフードの深さと面白さを
多くの人に知っていただくプロモーションの企画と準備が始まり
ほどなく「オリーブひろば」で醤油プリン遊びが始まり

そこから火がつき、
瞬く間に「小豆島醤油プリン開発プロジェクト」実行部隊が立ち上がり、

そんな動きに島のお菓子屋さんや醤油屋さんや土産物屋さんらプロが
「いっちょ、やってみるか」と、試作品づくりがスタート。

オリーブ探検隊も、
「醤油プリンいけるで。試食イベントをいい形に盛り上げよう!」
と、2月に一連のプロモーションを展開する最後に、この試食会を企画。

小さな火は
ばんばん燃え始め、とどまるところなく、この試食会イベントにつながった。

・・・・・・・・・・・

集まったアンケート。

annke2.jpg
 
 
参加の皆さんが描く小豆島醤油プリンとは・・・

annke3.jpg

annke4.jpg
 
 
高松からスローフードツアーに参加し、プリンを試食した方からメールが来た。

 どこか懐かしさがあり、島の人情と醤油の香りが残るプリンが生まれてほしいです。

 
 
たぶん、そんな醤油プリンが生まれるはず。


間違いなく。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.olive.or.jp/mt4/mt-tb.cgi/1117

コメント(2)

ken2です。

ナイノアさん!
たくろう大好きさんが言ってた言葉。ナイノアさんも<オリーブひろば>でコメントしてましたよね。

『集まった人の思いだけ可能性がある』

今回つくづく感じました。これからどんな展開を見せるのか。
目が離せませんよ!

追伸・・・
『やさしい甘さで、醤油の存在感がちゃんとあるけれどそれが強すぎず、島らしい素朴な、温かい感じのプリン。』 by ナイノア

ナイノアさんありがとうございます!僕はまさにこれが言いたかったんですよ(笑)

ナイノアさん醤油プリン試作品発表会の報告ありがとうございます。
ken2さんもすばらしいコメントありがとうございます。

オリーブ探検隊プロジェクトがこのウェブ、オリーブ広場等を通じて、人と人を結びつけながら広がりをみせていくことにすばらしさを感じています。

「醤の郷産業観光体験見学ツアー」と「醤油プリン試作PJ」は多くの出会いを生んでくれています。

 これからも進化と出会いを大切に進んで行きたいですね!

コメントする

最近のコメント

アーカイブ