ヘッダーをスキップ

島メシあれこれ

ひしお丼の最近のブログ記事

年明けうどん

あけましておめでとうございます。
今年も、オリーブ探検隊をよろしくお願いいたします。

この秋に始まった「ひしお丼」
宿泊以外で小豆島にお越しいただいた皆さまに
ランチプランで提供できる施設が増えました。
食べ比べ、楽しんでくださいね。


大阪屋食堂(0879-82-2219) 坂手 new!

料理乃宿 千鳥(要予約0879-82-0229) 馬木 new!

さぬき庵 (0879-82-5717) 安田 new!

ヤマロク茶屋(土日祝日限定0879-82-0666) 安田 new!

オリーブ園(0879-82-4260) 西村 new!

創作料理 野の花 (0879-75-2424) 竹生 new!

小豆島ふるさと村(0879-75-2266) 室生 new!

二十四の瞳映画村Cofeシネマ倶楽部(0879-82-2455) 田浦

ネオオリエンタルリゾート小豆島 (0879-82-5000) 古江

ヤマサン醤油麹部屋(要予約0879-82-1014) 馬木

井上誠耕園カフェ忠左衛門(0879-75-0282) 池田

| コメント(0) | トラックバック(0)

ひしお丼できました

小豆島の「ひしお丼」

農村歌舞伎と太鼓祭り、月末に開催される醤油サミットに紅葉シーズンも近づいて
島の中が少しソワソワする季節になりました。

この秋、小豆島に「ひしお(醤)丼」ができました。
ひしお丼の決まりは

・醤の郷(ひしおのさと)で作った醤油やもろみを使うこと
・小豆島の魚介、野菜や地元の食材を使うこと
・箸休めはオリーブか佃煮を使うこと

で、テーマは自由!の創作丼なのです。
これは「じゃらん」とのコラボ企画

ランチ対応をするのが
カフェ忠左衛門(井上誠耕園@池田)季節の野菜たちとお魚のひしお丼
ヤマサン醤油麹部屋(ヤマサン醤油@馬木)二種のひしお丼 焼豚丼・ハンバーグ丼
ネオオリエンタルリゾート小豆島(古江)醤三楽丼
映画村カフェシネマ倶楽部(二十四の瞳映画村@田浦)カリカリ豚ともろみのひしお丼


宿泊プランに醤丼がセットでついてくる宿が
田舎の迎賓館みさき(古江)季節の海鮮ひしお丼
ネオオリエンタルリゾート小豆島(古江)醤三楽丼
ホテルたるや(馬木)瀬戸内ひしお丼
お料理の宿 千鳥(馬木)天ぷら ひしお丼
森口屋(西村)海鮮もろみ風味ひしお丼
たちばな荘(南風台・橘)「ひしお丼」醤油風味
国民宿舎小豆島(室生)島のふるさと丼洋風仕立て
AQUA(吉田)小豆島産あなごとゴロゴロ野菜のもろみフォンデュ
バァンキャトル・ウ(西村)島の味覚「ひしお丼」
小豆島オリーブ公園(西村)醤油が効いてる阿波尾鶏のオリーブマヨネーズ丼

で、宿泊プランには、醤油ソフトクリームがついてくる企画があります。
本日発売のじゃらん誌面でも紹介されています。
じゃらんの、ひしお丼付きの宿泊プランはここにあります。

地元のワタシは、とりあえずランチで食べられるところに行ってみようかな?
先日のOHK岡山放送、今日放送予定のKSB瀬戸内海放送
四国新聞山陽新聞でも取り上げていただきました。
もしかしたら、あっちこっちで新しいひしお丼ができるかな?と期待してたりします (^^ゞ

hishiodon.jpg

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近のコメント

アーカイブ