ヘッダーをスキップ

島メシあれこれ

買い食いのススメの最近のブログ記事

小豆島の素麺バーガー

小豆島には、旧・内海(うちのみ)町と旧・池田町が合併して出来た小豆島町と
土庄(とのしょう)町がありますが、今日はお隣、土庄町商工会が高松市の
商店街で素麺をバンズに使った、島愛麺バーガーを販売してました。

バーガー部分は、地元では通称ゲタと呼ばれる舌平目のミンチカツでソース味、
キャベツも入っています。素麺は茹でた物をカリっと焼いてありクセがないので、
なかなかイケました。

1個、350円で、明日小豆島ふるさと村で行われるファンキーモンキーベイビーズ
コンサート会場でも開演前の15時前頃まで販売する予定みたいです。
興味のある方は、コンサート開演前にGETしてくださいね。

| コメント(2) | トラックバック(0)

オリーブ植栽100周年の年に小豆島で生まれたオリーブサイダー

今年の小豆島、オリーブ植栽100周年という事で静かに熱いです。
(香川では他に、瀬戸大橋は20周年、魚のハマチ養殖は80周年らしいです)
イタリアンブームの頃、オリーブオイルに含まれているポリフェノールが体にいい!
と話題になってたような気がしますが、実を潰して果汁を搾り遠心分離機にかけて
オリーブオイルだけを取り出し残った果汁の有効活用方はその頃あまり話題にのぼりませんでした。

オリーブの葉も体にいいらしい、という話ですが、それならばオリーブの果汁成分だって
体にいい成分が入ってるはずだ!と着目された、オリーブ果汁。
そのオリーブ果汁が入ったサイダー、その名もオリーブサイダーが出来ました。

ほんのり緑色のサイダーは、飲むと炭酸がまずシュワっときて、
次にオリーブのまったりとした感じが。さらに、その後にリンゴのような、
マスカットのような香りがして、オリーブの味をご存知の方なら
「あ、ほんとにオリーブだ」と思われる風味がします。

オリーブ公園で、ルッカ(オリーブの品種名)100%のオイルのテイスティングを
させてもらった事がありますが、ルッカもりんごっぽいフルーティーな香りがしましたし
家庭で出来るオリーブオイルの搾り方講座で作ったオイルもりんごっぽい香りがしてました。
オリーブオイルの香りを表現する項目の中に「青リンゴのような」というものがあるので、
リンゴの香りをつけてるわけじゃなくても、そんな感じになるのかな?
以前、紹介した「オリーブキャンディ」よりも、もっとあっさりしていますが
香りなど、風味はちょっと似てるかも?なんて思いました。

オリーブ果汁は、1%入っています。
「え?たった1パーセントなの?」と思った方、はい、私もそう思いました・・・
オリーブの実をかじった経験のある人なら、理解していただけるかもしれませんが
これが、ポリフェノールなのか!?というくらい、渋い代物です。

たった1%ですが、これがスゴイのです。
何がすごいって「ヒドロキシチロソール」という成分が1本あたり約15mg入っています。
この成分、どうやらこれからの季節、女性は敏感になる「美白」に効果があるらしいのです。
「え?ほんと?」と思われた方、ヤフーやグーグルで検索してみてください。

お酒を割るのに使っても、甘すぎない炭酸なので使いやすいかも。
知人のおすすめは、カシスのリキュールのオリーブサイダー割り。
紫色の完熟オリーブの実の色を連想しちゃいました。

このオリーブ果汁を使った商品は、これから続々発売予定とか。
先日、読売新聞でも紹介されています
小豆島は陽射しが強く、車を運転していたら夏は片側だけ日焼けしちゃうので
今年は、オリーブ果汁入りのものを食べて美白効果を狙います!?
1本 200円です。

小豆島町古江、二十四の瞳映画村に行く道沿いの丸仲食品(佃煮店)では
店頭販売の他、通販もしています。
http://www.marunaka-foods.com/

国際フェリー船内売店、ふるさと村、オリーブ園、オリーブ公園など土産物店
土庄港高速艇切符売り場売店、エスポアおおもりなどで扱っています。

| コメント(1) | トラックバック(0)

オリーブキャンディ

タケサンのオリーブキャンディ

エキストラバージンオリーブオイル入りのオリーブキャンディ。
文字だけ見ると、あまりピンとこないかも?
この飴、何となくリンゴ風味でちゃんとオリーブオイルの香りがするのです。
甘くてフルーティーで、ちょっぴり酸味があって、オリーブオイルの香り
と書くとますますわかりにくくなるかもしれないんですが
オリーブオイルの香りには種類があって「リンゴのような」という項目があるそうで
以前、オリーブ公園でルッカ100%(オリーブの品種名)のオイルを試食させてもらった時
ほんとに、りんごみたいな香りがするー!と感激したのですが、あんな感じ?

実は、オリーブ小僧さんもお気に入り。
オリーブオイルが大好きな人へのお土産にもどうぞ。

タケサン一徳庵
http://www.ittokuan.com/

| コメント(0) | トラックバック(0)

寒霞渓のピンクのオリーブソフト

紅葉狩りに寒霞渓へ行き、売店の横を通りがかるとソフトクリームが増えている。
すでに発売されている、緑のオリーブの実入りソフトと並んで
「ちょっと甘め 完熟オリーブソフト」と書かれているのを見つけてしまった。

ちょっと寒いかな?と、思いつつ食べてみるとこれがなかなか!
緑の方の新漬けなどの味や風味じゃなくて、甘くて何と説明したらいいのか
なんか洋風なフレーバーがほんのり香っているような、そんな感じ。
ちょっと肌寒い中食べたけれど、これはヒット。
何の味なのか、もうちょっと説明できるように(?)
次回、寒霞渓へ寄ったらもう一度食べたいと思ってます。
二人で行くなら、緑とピンク1つずつ買って試すのもいいかも?

寒霞渓山頂 寒霞渓ロープウェイ
http://www.kankakei.co.jp/

| コメント(0) | トラックバック(0)

佃煮パン

あれは確か1ヶ月前の7月の初め頃。
パン屋の店頭で見かけて気になっていたものは
小豆島の佃煮入りの佃煮パン。

中にはキクラゲの佃煮入り

少し塩気のあるソフトフランスのような生地のパンに、
これはキクラゲの佃煮が入っています。
表面にはゴマもついてて、ぷちぷち感がたまりません。
おにぎりの、ご飯じゃなくてパンバージョンという感じ?

これに、ごぼうサラダをはさんでサンドイッチにしても
おいしいんじゃないかなぁ~なんて一人もくろんでます。

幻の?というか、私がまだ遭遇したことのない
牛肉そぼろの佃煮のパンもあったようです。

使われているのは小豆島食品のきくらげの佃煮です

この佃煮パンに使われているのは、小豆島食品の佃煮。
ここは国産素材にこだわった佃煮を作っているので
使っているキクラゲも厚めです。
(写真にある椎茸昆布やちりめん山椒のパンは作っていません)

リトルパイと小豆島食品のコラボの佃煮パン
滞在中の食事タイムにもぜひどうぞ~

リトルパイ
小豆島町安田

| コメント(0) | トラックバック(0)

海藻料理で一番有名なのは、おそらくトコロテン。
小豆島や瀬戸内沿岸には海藻を使った郷土料理の「いぎす豆腐」があります。
豆腐、といっても大豆を使っているわけではなくて
イギスという海藻を煮溶かし、再び固めたもの。

小豆島のいぎす豆腐

具材をいれ味付けをしてある、という点で一番似ていると思ったのは沖縄の「もーい豆腐」
ほかの地域では、福岡の「おきゅうと」、佐渡や新潟の「いごねり(えごねり)」
は、同じように海藻を煮溶かして固めてありますが、こちらは刺身こんにゃくや
トコロテンのように切って何か「たれ」をつけて食べますね。

小豆島のいぎす豆腐

好きな人は、浜に行き赤っぽい「いぎす」を採ってきて
ゴミや細かい砂などを取り除き、洗っては干し、洗っては干しを繰り返し
白っぽくなるまで乾燥させた「いぎす」を家で保存し、時々作っています。
実は、親戚のおばさんの作るイギス豆腐は絶品。
家によって固さや味付けが違うのですが、おばさんの作る「いぎす豆腐」は
ふんわりと味付けした「おから」を固めたみたいな感じ。

ですが売っていないので、売ってるところをご紹介。
ご自宅で作ってみよう!という方には、乾燥イギスもレシピ付きで置いてます。
海藻料理に興味のある方は、ぜひどうぞ。

小豆島池田港の産直市場で売られている乾燥イギス

小豆ふれあい産直市場 
http://www.kw-ja.or.jp/sancyoku/data/syozu/ ★地図リンク

◆いぎす豆腐の記事へのリンク
http://www.pref.kagawa.jp/umidukuri/repo-to_igisu/repo-to_igisu.htm
http://www.pref.kagawa.jp/nousei/santa/syokuiku/kyoudoryouri/igisu.htm

| コメント(2) | トラックバック(0)

炊き込みおにぎり

小豆島きのしたの炊き込みご飯のおにぎり

「きのした」の炊き込みご飯のおにぎり、好きなんですよねえ。
ちょうど食事の時間にフェリーに乗るような時には、
このおにぎりを買い船でうどんと一緒に食べる、なんてこともあります。
うどんの具やおかずがあまりなくても、炊き込みご飯があれば平気!
小腹がすいた時にもどうぞ。

きのした ★地図リンク

【取り扱い店】
大倉食品センター ★地図リンク
七福マート ★地図リンク
カドヤ商店 ★地図リンク
マサゴスーパー ★地図リンク

| コメント(0) | トラックバック(0)

小豆島肥田乳業の瓶入り特濃ミルク・肥田コーヒー・低脂肪乳・乳酸菌飲料ラクビス

吹く風はからっとして爽やかで、陽射しはまだまだ暑い今日の小豆島。
そういえば、あれが飲みたいなぁ~というわけで買いに走る。

お目当ては 「ラクビス」 乳酸菌飲料です。(写真・右)
甘さと酸味のバランスもなかなか。
でも、これ人によって呼び名が違うらしい。
フルーツ牛乳だったり、乳酸菌飲料だったり、ヨーグルトだったり、
ドリンクだったり、正式名称だったり。

特濃ミルク、肥田コーヒー、低脂肪乳、ラクビスの4種類。
あなたが、小豆島でお目覚めの朝やお風呂上りに
腰に手を当てぐぐぐっと飲みたいのは、どれ?

島内の小売店、コンビニ、スーパー、フェリーの船内売店などで買えます。
製造元・肥田乳業 小豆島町草壁本町 ★地図リンク

| コメント(3) | トラックバック(1)

小豆島肥田乳業の500ミリリットル紙パック入り肥田コーヒーと肥田牛乳

島の面積もそれほど大きくないし、島の真ん中は山ばかり。
の、小豆島ですが実は小豆島の牛乳があります。
小豆島で育った乳牛の、牛乳です。
結構、濃いです。たぶん、小豆島でしか飲めません。

もうひとつ、個人的にとても気に入っている物があります。
それは「肥田コーヒー」(古い言い方だと、コーヒー牛乳)
ちょっと甘くて、そして濃くて、ちょこちょこと旅行するたびに
あちこちで、コーヒー牛乳を飲んではみるものの
これはコーヒーの味が、しっかりしてるんです。
島の人なら「これが一番!」って思うかも?のふるさとの味。
島外に移り住んだ人が恋しがって、帰って来たら買い求め
お土産に持って帰ることもあります。

200ml、500ml、1Lの紙パック入りの他にガラス瓶入りもあります。
島内の小売店、コンビニ、スーパー、フェリーの船内売店などで買えます。

製造元・肥田乳業 小豆島町草壁本町 ★地図リンク

| コメント(6) | トラックバック(0)

最近のコメント

アーカイブ