ヘッダーをスキップ

島メシあれこれ

あまいモノの誘惑の最近のブログ記事

朝に、スコールのような雨が降った小豆島。
真昼の現在、梅雨明け後の夏空が広がり、裏山でセミが大合唱中です。

はてさて、今年の秋は小豆島で「醤油サミット」が開催されます。
http://www.town.shodoshima.lg.jp/olive_station/syoyu-samitto.html
去年のオリーブ100周年祭、今年の春の地芝居(農村歌舞伎)サミットに続く
全国イベントがあるわけなのですが、地元でもチラホラ新しい製品が出来ています。
以前、醤油水ようかん佃煮パンを出したリトルパイから今年の新製品が。

白十字高橋堂のしょうゆまんじゅう

今度は、醤油饅頭。
まんじゅうの皮のほんのりとした塩気は醤油と味噌
中には、白あんが入った素朴な饅頭です。
リトルパイや島内のマルナカ各店で販売中です。

小豆島町安田(マルナカ内海店向かい) 月曜定休
リトルパイ ★地図リンク

| コメント(0) | トラックバック(0)

オリーブ植栽100周年の年に小豆島で生まれたオリーブサイダー

今年の小豆島、オリーブ植栽100周年という事で静かに熱いです。
(香川では他に、瀬戸大橋は20周年、魚のハマチ養殖は80周年らしいです)
イタリアンブームの頃、オリーブオイルに含まれているポリフェノールが体にいい!
と話題になってたような気がしますが、実を潰して果汁を搾り遠心分離機にかけて
オリーブオイルだけを取り出し残った果汁の有効活用方はその頃あまり話題にのぼりませんでした。

オリーブの葉も体にいいらしい、という話ですが、それならばオリーブの果汁成分だって
体にいい成分が入ってるはずだ!と着目された、オリーブ果汁。
そのオリーブ果汁が入ったサイダー、その名もオリーブサイダーが出来ました。

ほんのり緑色のサイダーは、飲むと炭酸がまずシュワっときて、
次にオリーブのまったりとした感じが。さらに、その後にリンゴのような、
マスカットのような香りがして、オリーブの味をご存知の方なら
「あ、ほんとにオリーブだ」と思われる風味がします。

オリーブ公園で、ルッカ(オリーブの品種名)100%のオイルのテイスティングを
させてもらった事がありますが、ルッカもりんごっぽいフルーティーな香りがしましたし
家庭で出来るオリーブオイルの搾り方講座で作ったオイルもりんごっぽい香りがしてました。
オリーブオイルの香りを表現する項目の中に「青リンゴのような」というものがあるので、
リンゴの香りをつけてるわけじゃなくても、そんな感じになるのかな?
以前、紹介した「オリーブキャンディ」よりも、もっとあっさりしていますが
香りなど、風味はちょっと似てるかも?なんて思いました。

オリーブ果汁は、1%入っています。
「え?たった1パーセントなの?」と思った方、はい、私もそう思いました・・・
オリーブの実をかじった経験のある人なら、理解していただけるかもしれませんが
これが、ポリフェノールなのか!?というくらい、渋い代物です。

たった1%ですが、これがスゴイのです。
何がすごいって「ヒドロキシチロソール」という成分が1本あたり約15mg入っています。
この成分、どうやらこれからの季節、女性は敏感になる「美白」に効果があるらしいのです。
「え?ほんと?」と思われた方、ヤフーやグーグルで検索してみてください。

お酒を割るのに使っても、甘すぎない炭酸なので使いやすいかも。
知人のおすすめは、カシスのリキュールのオリーブサイダー割り。
紫色の完熟オリーブの実の色を連想しちゃいました。

このオリーブ果汁を使った商品は、これから続々発売予定とか。
先日、読売新聞でも紹介されています
小豆島は陽射しが強く、車を運転していたら夏は片側だけ日焼けしちゃうので
今年は、オリーブ果汁入りのものを食べて美白効果を狙います!?
1本 200円です。

小豆島町古江、二十四の瞳映画村に行く道沿いの丸仲食品(佃煮店)では
店頭販売の他、通販もしています。
http://www.marunaka-foods.com/

国際フェリー船内売店、ふるさと村、オリーブ園、オリーブ公園など土産物店
土庄港高速艇切符売り場売店、エスポアおおもりなどで扱っています。

| コメント(1) | トラックバック(0)

お正月準備大詰め

お正月準備も、いよいよ大詰め。
年越し蕎麦は、麺好き一家なので毎年色々な種類を用意するんですが
島のもので、というわけで三太郎の生うどんを用意しました。
写真は太うどんですが、細うどんの他にだし(つゆ)などもあります。
草壁港前の店でも、食べることが出来ます。

草壁港前の三太郎の生うどん(太い方)

さらに、お正月のおやつ用に「つくだに屋さん」の伊予柑パウンドケーキ。
小豆島のいよかんマーマレードを使ったコラボ商品なのだとか。
これ、実は広告で見て買ってきました。

つくだに屋さん岡田武市商店のいよかんパウンドケーキ

おやつのお供は、お茶でしょう~というわけでオリーブ茶も。
オリーブ茶の味って個人的には、ほんの少し苦味のあるルイボスティみたいな感じ?
と、表現したりするのですが、いかがでしょう?

オリーブ茶小豆島の風

そうそう、夏に習った「焼酎」のオリーブ茶割りというのは
ウーロン茶のように渋くなく、日本茶のように甘くないところが
とっても合う!そうです。焼酎党の方、ぜひお試しください。

年越しうどんに、県魚のハマチ、正月用の生タコも届いたし、
おいしい醤油も冷蔵庫に入ってる。県内産の金時人参を入れた煮しめ、
祝い肴、お餅、白味噌、雑煮用の大根と金時人参、
日本酒、ケーキ、オリーブ茶も用意した。
あとは、食べるだけ!

では、皆さま どうぞよいお年を!


三太郎
http://www.3taro.com/

つくだに屋さん
http://www.tsukudaniyasan.com/

| コメント(0) | トラックバック(0)

オリーブキャンディ

タケサンのオリーブキャンディ

エキストラバージンオリーブオイル入りのオリーブキャンディ。
文字だけ見ると、あまりピンとこないかも?
この飴、何となくリンゴ風味でちゃんとオリーブオイルの香りがするのです。
甘くてフルーティーで、ちょっぴり酸味があって、オリーブオイルの香り
と書くとますますわかりにくくなるかもしれないんですが
オリーブオイルの香りには種類があって「リンゴのような」という項目があるそうで
以前、オリーブ公園でルッカ100%(オリーブの品種名)のオイルを試食させてもらった時
ほんとに、りんごみたいな香りがするー!と感激したのですが、あんな感じ?

実は、オリーブ小僧さんもお気に入り。
オリーブオイルが大好きな人へのお土産にもどうぞ。

タケサン一徳庵
http://www.ittokuan.com/

| コメント(0) | トラックバック(0)

寒霞渓のピンクのオリーブソフト

紅葉狩りに寒霞渓へ行き、売店の横を通りがかるとソフトクリームが増えている。
すでに発売されている、緑のオリーブの実入りソフトと並んで
「ちょっと甘め 完熟オリーブソフト」と書かれているのを見つけてしまった。

ちょっと寒いかな?と、思いつつ食べてみるとこれがなかなか!
緑の方の新漬けなどの味や風味じゃなくて、甘くて何と説明したらいいのか
なんか洋風なフレーバーがほんのり香っているような、そんな感じ。
ちょっと肌寒い中食べたけれど、これはヒット。
何の味なのか、もうちょっと説明できるように(?)
次回、寒霞渓へ寄ったらもう一度食べたいと思ってます。
二人で行くなら、緑とピンク1つずつ買って試すのもいいかも?

寒霞渓山頂 寒霞渓ロープウェイ
http://www.kankakei.co.jp/

| コメント(0) | トラックバック(0)

2月下旬にマルキン記念館で行われた「醤油プリン試食会」から5ヶ月。
毎年、夏には丸金醤油(マルキン忠勇)の工場周辺で記念館も無料開放して
夏祭りが開かれるんですが、そこに行った人から「醤油プリンがあったよ」というお知らせが。
えーっ!?と、ばかりに早速出かけて参りました。

小豆島バスの丸金前バス停付近

丸金前のバス停付近はこんな感じ。
屋根瓦が黒いのは、醤油の菌(酵母)が住み着いているから。
夏祭り会場はこの目の前。

見つけました。醤油プリンのPOP

どこのテントで売ってるのかなぁ?とウロウロしていたら見つけました。
なんかちょっとあやしめのチラシ(笑)
そして冷蔵ショーケースから出してもらった醤油プリンを買い一路家へ。

これが醤油プリンと醤油入りのミルクプリン

今度の醤油プリンは、常温保存可能なパッケージ。
賞味期限も2ヶ月以上あるので、お土産にしても大丈夫。
醤油プリンとなめらか醤油ミルクプリンのセットです。
材料の醤油は、丸金醤油を使っているそう。

茶色い方が醤油プリンで白い方が醤油ミルクプリン

お皿に出してみると、醤油プリンと醤油ミルクプリンの色がずいぶん違います。
どちらもカラメルソースはなし。

どちらも醤油ソフトくらいの醤油の利かせ方で
ほんのり塩気があり醤油の風味がします。
塩気のあるカラメル風味の醤油味風というか。

ミルクプリンの方が醤油ソフトに近い感じ。
こちらはとろりんと書いてあるように、やわらかな食感で
食べている間、醤油のほのかな香りが口の中に残ります。

醤油プリンは、食感がミルクプリンよりも少し固めで
口に入れると、ふわっと醤油の風味がして
飲み込む頃には、醤油よりも普通の卵系のプリンの味がして
醤油が残らない感じです。

これ、案外いけます。
島内の港の売店や、ふるさと村、オリーブ園などに置いています。

問い合わせ先
谷元商会
小豆郡小豆島町安田

| コメント(0) | トラックバック(0)

和の醤油系スイーツ

梅雨に入って、なんだか蒸し暑くなってきました。
何か、甘くて、冷たいものってないかなぁ?なんて思っていたら
「醤油を使った新しいお菓子があったよ」という情報が。
というわけで、さっそくGETしてまいりました。

小豆島町安田リトルパイの醤油水羊羹

これは、醤油水羊羹。
白あんベースの水羊羹に再仕込み醤油が入っていて、ほんのり醤油の味がします。
実はこれを売っているのは、パン屋。
なぜ、水羊羹なのかというと、あんこを使う餅や和菓子店が別にあるから。
小豆の水羊羹や通年でお餅も売ってます。これからの季節冷たいお茶と一緒にどうぞ。

小豆島町安田(マルナカ内海店向かい) 月曜定休
リトルパイ ★地図リンク

| コメント(3) | トラックバック(0)

しょうゆあめ

小豆島タケサンのしょうゆあめ

醤油味のする飴、もう1つあります。こちらは、タケサンのしょうゆあめ。
これは醤油がきいていて、こっくりした味。
味噌飴なんかに近い、甘くて、塩気もきいたちょっと濃い目の味です。

旅やハイキングなどのおともにもいかがです?
小豆島内の土産物店、スーパーなどにも置いています。

一徳庵(タケサン)
http://www.ittokuan.com/

| コメント(0) | トラックバック(0)

醤油の入ったお饅頭

平和堂の醤油入り饅頭「島むらさ記」

醤油ソフトや、醤油プリン、醤油シュークリーム、醤油あめに、醤油せんべい
と続きましたが饅頭といえば、古くからある「島むらさ記」
小豆島の人が、島外へ手土産に持って行ったりもする地元の饅頭です。
饅頭の生地に、お醤油がほんのり入っていて、中は白あん。
この饅頭の形は、醤油樽に似せて作っているんだとか。
個包装で、ひとつひとつ化粧箱に入っているので、お土産にもどうぞ。


平和堂
http://www.shodoshima-heiwado.co.jp/

| コメント(0) | トラックバック(0)

小豆島タケサンの揚げせんべい「島の味」

小豆島の醤油系のお菓子で、島の人も買って食べてる揚げせんべい、島の味。
サクサクしていて、揚げてるのに意外にさっぱり。
香ばしくて、味は甘めの薄い醤油味。
これ、食べだすと止まりません。

いかにも、なお土産ではないけど、あんまりはずしてない物をお探しの方にもおすすめ。
最近は高松のスーパーや、生活協同組合の共同購入のカタログなどにも出ていたりします。
小豆島では、土産物店などでもよく見かけますので旅のおともにもどうぞ。

一徳庵(タケサン)
http://www.ittokuan.com/

| コメント(1) | トラックバック(0)

最近のコメント

アーカイブ