ヘッダーをスキップ

島メシあれこれ

肥土山農村歌舞伎

| コメント(1) | トラックバック(0)

小豆島では、昔々「農村歌舞伎」という村人が演じる歌舞伎が盛んでした。
まだ町ではなく小さな村だった時代、村の数より歌舞伎小屋(舞台)の数の方が多かったんだとか。
現在は小豆島の二地区で農村歌舞伎が伝承されています。

080503-1.jpg

土庄町肥土山(ひとやま)の、旧・大鐸(おおぬで)小学校の校庭に車を停めて
田んぼの中を歩いて行くと・・・

080503-2.jpg

こんな感じの歌舞伎小屋がある、離宮八幡神社にたどりつきます。
上演は、午後三時半から。今年は晴天で暑いくらいの陽気です。

080503-3.jpg

こちらは子ども歌舞伎。
演じているのは、地元の小学生。
3月頃から、稽古を始めて長いセリフもどんどん覚えてしまうのだとか。

080503-4.jpg

なかなか、カッコ良いでしょう?
この衣裳、前からだとよくわかりませんが背に龍の立派な刺繍がほどこされています。

080503-5.jpg

連休の始めに行われたリハーサルは、本番衣裳を身に着けてお化粧なしで
行われるんですが、あの日のあどけない表情とは全然違う立派な演じっぷり。

080503-6.jpg

幕間に、肥土山農村歌舞伎にかかわる地元の方々(とはいえ写真は一部ですが)
から挨拶がありました。今回、駐車場係も含めると総勢110数名が参加しているんだとか。
お正月明けから、ずっと歌舞伎の準備にかかるそうです。

080503-7.jpg

夜まで続く農村歌舞伎、幕間のお楽しみと言えば屋外の桟敷で食べる「晩ごはん」
桟敷の芝の上にゴザをひき、家々から「わりご」の弁当箱が続々と運び込まれます。
幕の内弁当のミニ版、くらいの大きさの木の弁当箱が出前の桶のような木箱に入るように作られ
家によって、中に入る弁当箱の数や色などが少しずつ違ったりするようです。

080503-8.jpg

こちらは、多分持ち手をつけた物。
昔ながら(?)の紐で縛るものより、持ち運びやすそう。
色を塗り替えてピカピカにしたのかな?という感じのわりごも見かけました。

080503-9.jpg

こちらでも、お弁当を配る準備をしています。
桟敷に持って来るのは、わりご弁当やお寿司類、オードブルなどのおかず類に飲み物、お酒など。
この「わりご弁当」の桶と弁当箱のセット、どこに注文したら作ってもらえるんだろう?
と、ずっと疑問に思っていたんですが、どうやら昔は大工さんに作ってもらったりしていたそう。
今も作られている方、いらっしゃるんでしょうか?

080503-10.jpg

昼間は暑いくらいだったのに、陽が落ちると冷えてきます。
お腹も満たして、歌舞伎は夜八時半頃まで続きます。
敷物と、お弁当、飲み物を用意して見に出かけられるのをオススメ。
秋は、肥土山の隣の中山で農村歌舞伎が上演されます。

5月10日には、高松市屋島の四国村の農村歌舞伎舞台で肥土山農村歌舞伎の
出張公演があります。足をのばされる方は、こちらへもぜひどうぞ。
問合せ先:四国村(リンク)
問合せ先:ボーセジュール(リンク)

今回、小豆島だよりのサニーさん、小豆島町商工会の中村さんに
写真お借りいたしました。この場を借りてお礼申し上げます。
どうもありがとうございました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.olive.or.jp/mt4/mt-tb.cgi/654

コメント(1)

Oliveさま
四国村公演のことも書いてくださり、ありがとうございます♪
昨年5月3日に生まれて初めて観て感動したあの空気を、四国村で再現できることに感謝しています。
何より肥土山の人たちに、再び四国村の舞台を踏んで良かった、と思ってもらえるようがんばります。

コメントする

最近のコメント

アーカイブ